イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ

トイレ事情の情報収集とトイレ広報をどうするか②

新潟県中越大震災でのトイレ調査例

新潟県中越大震災では、地震から4日目の26日に、「共同通信社」が避難所で130人にアンケート調査した。この中で避難所のトイレを改善してほしいという声が55.9%にのぼり、約6割の避難者がトイレに困っていることが判明。面接では、「トイレが不衛生だ」「トイレにいつも行列ができている」「トイレの数を増やして欲しい」「足が悪いので洋式トイレにしてほしい」などという声があった。

また、新潟県は、地震から6日目の28日に26市町村342避難所に対して初回の調査を実施していた。結果は、「トイレの数の不足」が長岡市3ヵ所、小千谷市11ヵ所、川口町18ヵ所、その他3ヵ所だった。一方、「トイレの不便さ」については、「洋式トイレがない」19ヵ所、「臭い、汚れ」12ヵ所、「水が出にくい」9ヵ所、「汲取りがされない」9ヵ所、「トイレが狭い」5ヵ所、「その他(遠い、暗い、手摺が欲しいなど)」が8ヵ所となっていた。

地震から8日目の30日には、仮設トイレ不足についての追加の調達を行ったほか、2回目の避難所トイレに関するニーズ調査を実施。長岡市10ヵ所、小千谷市13ヵ所、川口町15ヵ所の計38ヵ所を対象とした。「不便さ」については、「洋式トイレの不足」5ヵ所、「臭い、汚れ」3ヵ所であり、「トイレ数の不足」「水が出にくい」「汲取りがされない」はそれぞれゼロだった。しかし、「その他(屋外トイレは降雨時に不便だ、簡易洋式便器が冷たい、自宅近くに設置して欲しい)」「水が出にくい」の声が4ヵ所で聞かれた。

こうした結果を受けて、県は、トイレの不足している避難所にレンタル・トイレを追加、介護用ポータブルトイレを配置、支援ボランティアによる清掃作業を促進、洗浄水の補充などを指導した。

山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

イクストイレ

写真は、ハマネツ製 イクストイレ ポンプ式簡易水洗タイプ 洋式 (給水タンク別途) [TU-iXFUW]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"