イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ

トイレ事情の情報収集とトイレ広報をどうするか①

震災初期から避難解除までトイレ事情を調べて改善を実施する

震災の初期には、被災の程度が日々明らかになっていきます。そうした中で、トイレ施設の損壊状況やトイレブースの不足のほか、トイレ用品・用具等の不足など、現場での具体的なトイレ事情の実態を継続的に調査します。また、トイレについての苦情や満足度も聞いておくなど、一元的な情報収集を行い改善に努めます。苦情や満足度も聞いておく必要があります。なお、被災者のトイレ事情は、避難生活の変化(出勤や片付け帰宅が始まる)と災害復旧の進捗(通電・通水など)によって変化します。避難者1人ひとりのトイレ事情調査と改善を避難解除まで実施します。

山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

写真は、旭ハウス工業製 洋式水洗架台付 [AUG-FW+15WS]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"