イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ

災害用トイレ製品にはどのようなものがあるか

いざ大震災に襲われたら当座の処理や避難所での短期・長期の生活でお世話になるのが災害用トイレ製品です。

「災害用トイレ製品」とは、主に大震災時に断水・停電等によって既設の水洗トイレが使用不能となった際に応急的に役立つと考えられる簡単なトイレや仮設トイレなど、避難所や自宅で簡単に設営し避難者が使用することのできるトイレ製品をいいます。なお、ここでは、地下埋設型の仮設トイレを含めて解説しています。

我が国で市販されている災害用トイレ製品や施設は、その特徴に着目すると、次のように5種類(■印)に大別されます。さらに、阪神・淡路大震災の前後から①~④のトイレ製品施設が作られてきました。④-2のように、自治体が避難拠点のトイレに設備(震災時転用)するケースも増えています。

本項でご紹介する災害用トイレ製品の分類は、基本的には、自治省消防庁(当時)が平成9年3月28日にまとめた「震災時のトイレ対策-あり方とマニュアル-」において、形状、機能、処理方法などに着目分別方法に困っています。この分類によって、消防庁の関係団体である㈶日本消防設備安全センターの災害用トイレ製品・施設情報検討委員会では、詳しくトイレ製品の調査研究を行い、その結果を「災害用トイレ製品・施設情報」1号・2号として情報誌にとりまとめ、全国の自治体の利用に供しています。

災害用トイレの形態的分類

【1】簡易なトイレ

①簡易なトイレ

簡易な箱型トイレ/組立式ルーム付き簡易型トイレ/トイレ専用薬剤(凝固剤・消臭剤)/ビニール袋(糞便袋)+トイレ専用薬剤/電気焼却式トイレ/介護用ポータブル型トイレ

【2】仮設トイレ

②組立式仮設トイレ

本格的な組立式トイレ/災害弱者専用のトイレ/下水道マンホール利用型組立式トイレ/簡易な組立式トイレ

③ユニット型仮設トイレ

コンポスト処理型(バイオ式)トイレ/水常流循環型トイレ/本格水洗型トイレ

【3】災害用トイレ施設

④地下埋設便槽型の応急トイレ

大型の折りたたみ式トイレ/小型の組立式トイレ

④-2 既存施設転用型トイレ

公衆トイレ/学校トイレなど

【4】車載式のトイレ

⑤車載式トイレ

燃却式トイレカー/自己完結型トイレカー

【5】オストメイト対応トイレ

⑥オストメイト専用トイレ

オストメイト専用型トイレ/オストメイト緊急時のストーマ装具

(注)④-2既存施設転用型トイレは、公園などの公衆トイレや学校(避難所)のトイレを震災トイレに転用できるように設備しているトイレ施設のことです。東京・大田区の田駅前の公衆トイレなどや渋谷区などの小学校のトイレのほか、東京中野区平和の森公園の転用トイレなど、数多くの設備例があります。

山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

写真は、旭ハウス工業製 ペダル式洋式軽水洗便槽付 [AUG-FJ+BC37N]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"