イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ

神戸でトイレ混乱がはじまった①

平成7年1月7日(火)午前5時46分頃に発生した阪神・淡路大震災では、間接死を含む死者が6433人、全壊10万4906棟、半壊14万4274棟という大きな被害が出たほか、電気、ガス、水道、電話といったライフラインは激震(M7.3)によって大きな被害を受けた(平成15年12月25日現在)。この震災の直接的被害総額は約9兆9000億円(1995年4月5日発表)にのぼった。

電気・電話は1月中に復旧したが、水道が2月末、下水道とガスは復旧までに約3ヵ月を要した。下水道は東灘処理場が損壊して下水道処理機能がストップ。し尿の終末処理ができなくなった。

山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

イクストイレ

写真は、ハマネツ製 水洗タイプ 兼用和式 [TU-iXJH]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"