イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ

神戸へのバキューム・トイレの緊急支援①

バキューム車と人員を提供しよう

阪神・淡路大震災の被災地には、7000基近い仮設トイレ業者、建設業者、静岡県・東京都などから被災地に緊急搬入されたものであり、搬入費も含めて大半が無償で行われたものである。

その中で全国環境整備共同組合連合会(略称:環境連)も動いた。

「被災地では必ずし尿処理問題がでる!」

兵庫県南部地震が発生した17日の朝、そう直観した人がいた。岐阜県環境整備事業協同組合相談役(当時)の森朴繁樹氏だった。

「し尿問題の解決が緊急課題だ!」

そう直観した彼は、早速、被害情報の収集に着手。排泄物とトイレ問題にどう対処するか。厚生省(当時)と協議しつつ岐阜県の仲間たちや他県にも呼びかけた。

「バキューム車と人員を提供しようではないか!」

「仮設トイレ1000基を手配しよう!」

この岐阜県環整連東海・近畿地区協議会の各県組合に伝達された。各県のし尿処理団体は動きはじめた。

山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

写真は、旭ハウス製 仮設洗面所 手洗架台付 [AUG-L+15WS]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"