イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ

神戸へのバキューム・トイレの緊急支援⑤

仮設トイレ設置作業と撤収

支援隊が神戸市内に入ると異常な光景にぶつかった。全ての家屋が倒壊したり傾斜し、ブロック塀や電柱が倒れて道路をふさぎ、道路そのものも多くが損壊していた。大型車が利用できないばかりか、2トン車も使えない状態だ。校庭や公園に仮設トイレを設置しようにも車では搬入できない。

「よしっ。皆で持って運ぼう!」

3、4人が人力で30キログラムの仮設トイレを1台、1台を持ち上げて100メートル以上も運ぶことになった。

バキュームホース数本を繋いで汲取り作業を行うこともあった。

やがて自衛隊が仮設トイレの設営を支援したことから、1月中には全避難所への仮設トイレの設置が完了した。

こうした困難に耐えて、支援隊は、仮設トイレの設置や汲取り作業つづけた。そして、約10日経った1月30日、バキュームによる汲取り処理を兵庫県水質保全センターや地元業者に引き継ぐこととなった。

森朴氏らの環整連のトイレ支援隊は、やがて各地に撤収していった。男たちの意地をかけたトイレ救援は終わった。

山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

写真は、旭ハウス製 仮設トイレ ペダル式洋式軽水洗便槽付 [AUG-FJ+BC37N]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"