イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ

避難所でのトイレの安全管理②

激震が収まるとすぐに避難所の排泄エリアを設定する

 

阪神・淡路大震災や新潟中越地震での経験から、地震発生後、避難所に当てられた学校や公共施設などの管理者は、直ちに安全な排泄エリアを設定します。

 

そして、バキューム車による汲取り作業がし易い場所を探すなど仮設トイレ等の受け入れを準備し、「適時適材適所の原則」によってトイレ応急対策を実施します。

 

しかし、下水道の普及状況や気候等の地域の環境要因によって、トイレの対応方法は異なります。各地域の実情に応じた対応がトイレ対応の基本です。

 

山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

 

イクストイレ

 

写真は、ハマネツ製 イクストイレ 水洗タイプ 兼用和式 [TU-iXJH]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"