イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ

阪神・淡路大震災②

阪神・淡路大震災時にも仮設トイレは利用されておりました。

震災時に困難を極めた仮設トイレの搬送・搬入。阪神高速道路神戸線の倒壊によって東西交通が閉塞状態に陥っており、国道では仮設トイレを積んだトラックも長時間の大渋滞に巻き込まれ、一般道路では倒壊家屋や電柱電線などが道路を塞いでいました。

仮設トイレの運搬・荷降ろしが困難を極め、特にトラックで運び入れられない避難所があちこちに続出しました。

また、仮設トイレの設営は環境連の支援隊や株式会社広興のほか、自衛隊、他都市の応援隊、土木協力会、ボランティア団体等による総動員体制で実施しました。

以上、仮設トイレは阪神・淡路大震災時にも活用されておりました。

山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

写真は、ハマネツ製 仮設トイレ ポンプ式簡易水洗タイプ 和式 [TU-V1F4C]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"