イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ

阪神地域(神戸市以外)でのトイレ対応⑤

■北淡町

兵庫県北淡町(当時の人口約1万600人、現・淡路市)では、阪神・淡路大震災により死者39人、重軽傷者870人、全壊1,056棟、半壊1,219棟という大きな被害を受けた。

■仮設トイレの設置

北淡町でもトイレ問題が発生し、各避難所に仮設トイレが24ヵ所に無償(70基)・有償(55基)が設置された。

■レンタルトイレの精算

他方、淡路島の北淡町等では、レンタル料を支払って仮設トイレを避難所等に設営した。

全体で125基の仮設トイレが設置された。このうち55基分は有償のレンタル契約によっていた。

その際のレンタル料は、大便器1、小便器1のセットで「25,000円(3月)」であった。全て災害救助基金で精算し、仮設トイレも業者に引き取ってもらった(北淡町総務課の話)

山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

写真は、ハマネツ製 イクストイレ 非水洗タイプ 小便器 ※ドアなし [TU-iXS]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"