イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ

仮設トイレの特徴

  • 2017年05月11日

仮設トイレと聞くと簡易的なトイレのため多くの方は、狭く汚く耐久性も低いトイレを想像されるかもしれませんが、最近の仮設トイレは価格もリーズナブルで
コンパクトな外観ながら、上品な色彩とすっきりしたデザインでゆったりとした内部になっているものも増えてきています。

ほとんど常設型の仮設トイレと差がない品質のものもありますので、設置する場所の景観やお客様満足度を重視される場合は品質の高い仮設トイレがオススメです。
価格はスタンダードタイプですと10~20万円前後、ハイグレードタイプですと~80万円、さらに品質の高いプレミアムモデルになりますと100万円以上するものもあります。
従業員だけでご使用頂くのか、お客様がメインでご使用頂くのか、どのような場所で、どのような用途で仮設トイレをご利用頂くのかでご検討くださいませ。

気になる耐久性ですが、仮設トイレは主に建設現場等でレンタルでご利用になられるお客様も多いです。
レンタル時は製品を引きずって移動させるなど荒く使われることもあります。
そのような使用方法でも10年程は問題なく使えるため、一般家庭で使われる場合はそれ以上にご使用頂けます。

仮設トイレの取扱いには十分注意が必要です。
重量はスタンダードタイプで約70~90kg(商品によって異なります)程度あります。
便槽が付いている仮設トイレの場合、短距離であれば大人一人でも引きずって移動可能です。
長距離の移動や傾斜がある場合は3~4名で動かすこともできますが、フォークリフトやユニック(クレーン)車などを使うほうがより安全です。
強風対策においては天井にアイボルトが付属しているタイプの場合、タープ張りのようにロープを張り、杭やブロック等で固定することで安定します。
便槽が付いているタイプで移動を考えていない場合、便槽部分を地中に埋めるという方法もあります。

コメントは受け付けていません。

仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"