イベントやキャンプ場から、災害時の避難所まで 仮設トイレ
仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"

神戸でトイレ混乱がはじまった④

    仮設トイレの搬入支援

    このように、意外と早い時期から被災地のトイレ混乱をクローズアップする報道が目立った。他の自治体も国や県などの要請でトイレ支援体態勢に入った。

    地震発生直後に岐阜県の環境整備事業協同組合がいち早くバキューム支援と仮設トイレ設置の必要性を訴えて行動した。仮設トイレ業者は無償提供体制に入った。建設業者も工事現場用の仮設トイレの移送をはじめた。

    一方、神戸市等も仮設トイレの支援要請をはじめた。しかし、現実には道路の大渋滞が仮設トイレ搬送を手間取らせつづけた。結果、神戸市域には約三千基の仮設トイレが運び込まれ、ピーク時には避難所に「60人に1期」という割合にまで設置数が膨らんだ。

    神戸市に入った他の自治体のし尿処理支援隊は、バキューム車73台(延べ台数492台)、し尿処理人員244人(延べ人数1158人)であり、応援期間は約13日間に及んだ(神戸市の記録による)。

    山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

    イクストイレ

    写真は、ハマネツ製  イクストイレ 水洗タイプ 洗面所(手洗い) ※ドアなし [TU-iXMH]

    仮設トイレの搬入支援

    このように、意外と早い時期から被災地のトイレ混乱をクローズアップする報道が目立った。他の自治体も国や県などの要請でトイレ支援体態勢に入った。

    地震発生直後に岐阜県の環境整備事業協同組合がいち早くバキューム支援と仮設トイレ設置の必要性を訴えて行動した。仮設トイレ業者は無償提供体制に入った。建設業者も工事現場用の仮設トイレの移送をはじめた。

    一方、神戸市等も仮設トイレの支援要請をはじめた。しかし、現実には道路の大渋滞が仮設トイレ搬送を手間取らせつづけた。結果、神戸市域には約三千基の仮設トイレが運び込まれ、ピーク時には避難所に「60人に1期」という割合にまで設置数が膨らんだ。

    神戸市に入った他の自治体のし尿処理支援隊は、バキューム車73台(延べ台数492台)、し尿処理人員244人(延べ人数1158人)であり、応援期間は約13日間に及んだ(神戸市の記録による)。

    山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

    イクストイレ

    写真は、ハマネツ製  イクストイレ 水洗タイプ 洗面所(手洗い) ※ドアなし [TU-iXMH]

    閉じる

    神戸でトイレ混乱がはじまった③

      トイレ問題の発生!トイレ報道がはじまった

      被災者が学校等避難所に入って間もなく真っ先に体育館に入り校舎に入った。いずれもトイレルームが汚物で異様になり、そのうち構内のグラウンドや側溝も「トイレ」になった。

      避難所取材中の報道記者らも避難所での様子がおかしいとトイレの異常さに気づきはじめた。自分たちも汚物で埋ったトイレ設置数の不足排泄処理の異様さをめぐって検証しはじめ、やがて騒然となった。

      地震から2日後の1月18日(水)。新聞は、飲料水の不足や毛布・衣服類の不足の深刻化につづいて、「トイレが足りない」とか「トイレ事情も深刻」と書きはじめた。

      「神戸市東灘区・甲南小学校体育館には約200人の住民が不安な夜を明かした。停電で暗闇だった体育館に夜中になって電灯がともり、ほっとしたような歓声が上がったが、かなり強い余震が頻発し、その都度、悲鳴が上がった。・・・・・・数か所あるトイレも汚物が詰まり使えない状態だ」と書き、近くの主婦の話として「トイレに行けないので、何も食べないようにしている。」(平成7年1月18日付け朝日新聞夕刊)。そして、「マンションなどでは、水洗トイレが使用できなくなり、避難所生活を強いられるなど二次的災害の心配も出てきた」と報じていた(平成7年1月19日付け夕刊フジ)。トイレの三文字が注目されはじめた。

      一方行政の動きはどうか。

      「仮設トイレの不足も深刻だ。厚生省は、東京都、横浜市、名古屋市、大阪市に対し、ゴミ収集車、バキュームカー、仮設トイレ、ゴミ袋などを送るための準備を要請した」と行政が動き出したことを小さく報じていた(平成7年1月19日付け朝日新聞朝刊)。

      また、震災2日目、3日目の様子を取材して報じた記事はどうか。

      「神戸市環境局は18日から仮設トイレの設置を開始。市内には19日現在、230基のトイレが置かれた。業務課長は『使用後、バケツで水を流すなどして使ってくれている。しかし、悪臭がしたり、衛生面で懸念されることがあるので、さらに仮設トイレを造設したい』と話した。しかし、避難場所となっている学校などに仮設トイレの設置が遅れていることから不満も出ており・・・・・・『大きな学校ほど人が多く、トイレについても大変困っている。一基でもいいから早く置いてほしい』と切実に訴えた」(平成7年1月20日付け日本経済新聞朝刊)。

      「飲むものは足りているのですが、水が足りないのに紙を流すため、水洗トイレが詰まって使えなくなってしまった」「水洗トイレを使うため、プールの水を自主的に汲む習慣も人々の間に生まれた」(平成7年1月20日付け朝日新聞朝刊)。

      一方、病院の院長の警告も報道された。「市内の仮設トイレはすぐ満杯になって使えなくなっている。トイレとバキュームカーを急いで増やし、衛星状態をきちんと保たないと、赤痢などの伝染病の蔓延につながりかねない」(平成7年1月22日付け朝日新聞夕刊)。

      このように、報道は、震災2日目から、断水による消火不能や飲み水不足につづいてトイレ用水の不足、さらには避難所トイレの深刻さ、仮設トイレの不足などを報道しはじめ、トイレ事情の深刻さが一段と増していく様子を報道するようになった。震災9日目には、「トイレを流す水をくれ!便器は山盛り」との大見出しで報じたものもある。やや長くなるが、今後のトイレ対策の参考になる記事なので紹介する。

      「(神戸市灘区のある民生委員の言葉)『同情するならトイレを流す水をくれですな』・・・・・・

      『どこも便器は山盛り。隣の人に聞いたんですけど、まず大便をするでしょう。そしたら尻を拭いた紙をのせ、棒で奥へ押し込む。その後、バケツ半分の水を流せば何とか流れるって。まあ、いつまでそれで使えるのか、先が詰まったら終わりですけど』・・・・・・(本山南小学校の)学校のトイレも悲惨な状態だった。一人の教師が、『自分が使うトイレをきれいにしませんか』と訴えたのをきっかけに、有志が掃除。プールからバケツリレーで水を運んだ。その後は、トイレ内に並べられたバケツを使い、各自が水を流すようになる。紙を流すと詰まるため、使用後に捨てるゴミ袋も備えつけられている」(平成7年1月25日付け夕刊フジ)。

      ところで、「仮設トイレが足りない!」との小見出しで行政の対応と不足状態をきちんと報じた記事もあった。

      「-前略-厚生労働省が24日午前6時30分現在で設置状況をまとめたところ、設置が必要と見込まれる場所のうち、設置済みは約45%の2488ヵ所にとどまっていることがわかった。同省によると、必要な仮設トイレの数は神戸市3263ヵ所をはじめ、西宮、芦屋市などで計5463ヵ所。ところが、既に設置されている数は神戸市が必要数の31%(1033ヵ所)で半数以下のところが多い。仮設トイレについては、厚生省の協力要請などに応じ、東京都、横浜、川崎市など自治体や関係団体で9200基を確保済み。しかし、大量に被災地に運び込んでも、組み立てる人でが足りないため、現地への調達が遅れているという。営業を再開した料理店などでも仮設トイレが必要になってきており、同省と兵庫県は設置を急いでいる」(平成7年1月24日付け読売新聞夕刊)と詳細な情報を記事にしていた。

      し尿処理に対応しようとする動きも本格化していた。

      「一方、バキューム車についても、神戸市や兵庫県内外の市町村などから、計336台の応援を取り付けているか、現在活動しているのは225台。このため、地元自治体からの要望に応じて、待機中の車にも支援を求め、必要台数を確保したい考えだ」と報じていた。

      山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

      イクストイレ

      イクストイレ 水洗タイプ 小便器 ※ドアなし [TU-iXSH]

       

       

      トイレ問題の発生!トイレ報道がはじまった

      被災者が学校等避難所に入って間もなく真っ先に体育館に入り校舎に入った。いずれもトイレルームが汚物で異様になり、そのうち構内のグラウンドや側溝も「トイレ」になった。

      避難所取材中の報道記者らも避難所での様子がおかしいとトイレの異常さに気づきはじめた。自分たちも汚物で埋ったトイレ設置数の不足排泄処理の異様さをめぐって検証しはじめ、やがて騒然となった。

      地震から2日後の1月18日(水)。新聞は、飲料水の不足や毛布・衣服類の不足の深刻化につづいて、「トイレが足りない」とか「トイレ事情も深刻」と書きはじめた。

      「神戸市東灘区・甲南小学校体育館には約200人の住民が不安な夜を明かした。停電で暗闇だった体育館に夜中になって電灯がともり、ほっとしたような歓声が上がったが、かなり強い余震が頻発し、その都度、悲鳴が上がった。・・・・・・数か所あるトイレも汚物が詰まり使えない状態だ」と書き、近くの主婦の話として「トイレに行けないので、何も食べないようにしている。」(平成7年1月18日付け朝日新聞夕刊)。そして、「マンションなどでは、水洗トイレが使用できなくなり、避難所生活を強いられるなど二次的災害の心配も出てきた」と報じていた(平成7年1月19日付け夕刊フジ)。トイレの三文字が注目されはじめた。

      一方行政の動きはどうか。

      「仮設トイレの不足も深刻だ。厚生省は、東京都、横浜市、名古屋市、大阪市に対し、ゴミ収集車、バキュームカー、仮設トイレ、ゴミ袋などを送るための準備を要請した」と行政が動き出したことを小さく報じていた(平成7年1月19日付け朝日新聞朝刊)。

      また、震災2日目、3日目の様子を取材して報じた記事はどうか。

      「神戸市環境局は18日から仮設トイレの設置を開始。市内には19日現在、230基のトイレが置かれた。業務課長は『使用後、バケツで水を流すなどして使ってくれている。しかし、悪臭がしたり、衛生面で懸念されることがあるので、さらに仮設トイレを造設したい』と話した。しかし、避難場所となっている学校などに仮設トイレの設置が遅れていることから不満も出ており・・・・・・『大きな学校ほど人が多く、トイレについても大変困っている。一基でもいいから早く置いてほしい』と切実に訴えた」(平成7年1月20日付け日本経済新聞朝刊)。

      「飲むものは足りているのですが、水が足りないのに紙を流すため、水洗トイレが詰まって使えなくなってしまった」「水洗トイレを使うため、プールの水を自主的に汲む習慣も人々の間に生まれた」(平成7年1月20日付け朝日新聞朝刊)。

      一方、病院の院長の警告も報道された。「市内の仮設トイレはすぐ満杯になって使えなくなっている。トイレとバキュームカーを急いで増やし、衛星状態をきちんと保たないと、赤痢などの伝染病の蔓延につながりかねない」(平成7年1月22日付け朝日新聞夕刊)。

      このように、報道は、震災2日目から、断水による消火不能や飲み水不足につづいてトイレ用水の不足、さらには避難所トイレの深刻さ、仮設トイレの不足などを報道しはじめ、トイレ事情の深刻さが一段と増していく様子を報道するようになった。震災9日目には、「トイレを流す水をくれ!便器は山盛り」との大見出しで報じたものもある。やや長くなるが、今後のトイレ対策の参考になる記事なので紹介する。

      「(神戸市灘区のある民生委員の言葉)『同情するならトイレを流す水をくれですな』・・・・・・

      『どこも便器は山盛り。隣の人に聞いたんですけど、まず大便をするでしょう。そしたら尻を拭いた紙をのせ、棒で奥へ押し込む。その後、バケツ半分の水を流せば何とか流れるって。まあ、いつまでそれで使えるのか、先が詰まったら終わりですけど』・・・・・・(本山南小学校の)学校のトイレも悲惨な状態だった。一人の教師が、『自分が使うトイレをきれいにしませんか』と訴えたのをきっかけに、有志が掃除。プールからバケツリレーで水を運んだ。その後は、トイレ内に並べられたバケツを使い、各自が水を流すようになる。紙を流すと詰まるため、使用後に捨てるゴミ袋も備えつけられている」(平成7年1月25日付け夕刊フジ)。

      ところで、「仮設トイレが足りない!」との小見出しで行政の対応と不足状態をきちんと報じた記事もあった。

      「-前略-厚生労働省が24日午前6時30分現在で設置状況をまとめたところ、設置が必要と見込まれる場所のうち、設置済みは約45%の2488ヵ所にとどまっていることがわかった。同省によると、必要な仮設トイレの数は神戸市3263ヵ所をはじめ、西宮、芦屋市などで計5463ヵ所。ところが、既に設置されている数は神戸市が必要数の31%(1033ヵ所)で半数以下のところが多い。仮設トイレについては、厚生省の協力要請などに応じ、東京都、横浜、川崎市など自治体や関係団体で9200基を確保済み。しかし、大量に被災地に運び込んでも、組み立てる人でが足りないため、現地への調達が遅れているという。営業を再開した料理店などでも仮設トイレが必要になってきており、同省と兵庫県は設置を急いでいる」(平成7年1月24日付け読売新聞夕刊)と詳細な情報を記事にしていた。

      し尿処理に対応しようとする動きも本格化していた。

      「一方、バキューム車についても、神戸市や兵庫県内外の市町村などから、計336台の応援を取り付けているか、現在活動しているのは225台。このため、地元自治体からの要望に応じて、待機中の車にも支援を求め、必要台数を確保したい考えだ」と報じていた。

      山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

      イクストイレ

      イクストイレ 水洗タイプ 小便器 ※ドアなし [TU-iXSH]

       

       

      閉じる

      神戸でトイレ混乱がはじまった②

        約125万戸の水洗トイレが使用不能に

        震度6から7の上下動の激震によって、神戸市内の水道管は広域に破損して水道は完全に断水した。

        たちまち、神戸市をはじめ県内10市7町で全世帯の9割以上に当たる約125万戸が断水し、トイレの使用が不能となった。全体の完全復旧には4月中旬までかかった(兵庫県企業庁水道課調べ/平成7年6月6日付け朝日新聞夕刊。)

        あの時、家屋の倒壊・焼失、ライフラインの途絶、余震不安などで避難する住民が増加。ピーク時の1月23日には避難所数1153ヵ所、避難者数31万6678人に達した。

        神戸市内の学校、体育館、公園などには、ピーク時に599ヵ所に22万3千人を超える市民が避難した(うち学校園にはピーク時に約13万6千人が避難した)。この避難者が一極集中する現象こそがトイレ大混乱の原因の一つであった。

        山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

        イクストイレ

        写真は、ハマネツ製 水洗タイプ 洋式 [TU-iXWH]

        約125万戸の水洗トイレが使用不能に

        震度6から7の上下動の激震によって、神戸市内の水道管は広域に破損して水道は完全に断水した。

        たちまち、神戸市をはじめ県内10市7町で全世帯の9割以上に当たる約125万戸が断水し、トイレの使用が不能となった。全体の完全復旧には4月中旬までかかった(兵庫県企業庁水道課調べ/平成7年6月6日付け朝日新聞夕刊。)

        あの時、家屋の倒壊・焼失、ライフラインの途絶、余震不安などで避難する住民が増加。ピーク時の1月23日には避難所数1153ヵ所、避難者数31万6678人に達した。

        神戸市内の学校、体育館、公園などには、ピーク時に599ヵ所に22万3千人を超える市民が避難した(うち学校園にはピーク時に約13万6千人が避難した)。この避難者が一極集中する現象こそがトイレ大混乱の原因の一つであった。

        山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

        イクストイレ

        写真は、ハマネツ製 水洗タイプ 洋式 [TU-iXWH]

        閉じる

        神戸でトイレ混乱がはじまった①

          平成7年1月7日(火)午前5時46分頃に発生した阪神・淡路大震災では、間接死を含む死者が6433人、全壊10万4906棟、半壊14万4274棟という大きな被害が出たほか、電気、ガス、水道、電話といったライフラインは激震(M7.3)によって大きな被害を受けた(平成15年12月25日現在)。この震災の直接的被害総額は約9兆9000億円(1995年4月5日発表)にのぼった。

          電気・電話は1月中に復旧したが、水道が2月末、下水道とガスは復旧までに約3ヵ月を要した。下水道は東灘処理場が損壊して下水道処理機能がストップ。し尿の終末処理ができなくなった。

          山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

          イクストイレ

          写真は、ハマネツ製 水洗タイプ 兼用和式 [TU-iXJH]

          平成7年1月7日(火)午前5時46分頃に発生した阪神・淡路大震災では、間接死を含む死者が6433人、全壊10万4906棟、半壊14万4274棟という大きな被害が出たほか、電気、ガス、水道、電話といったライフラインは激震(M7.3)によって大きな被害を受けた(平成15年12月25日現在)。この震災の直接的被害総額は約9兆9000億円(1995年4月5日発表)にのぼった。

          電気・電話は1月中に復旧したが、水道が2月末、下水道とガスは復旧までに約3ヵ月を要した。下水道は東灘処理場が損壊して下水道処理機能がストップ。し尿の終末処理ができなくなった。

          山下亨著 阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 「トイレが大変!」災害時にトイレ権をどう保障するかより引用

          イクストイレ

          写真は、ハマネツ製 水洗タイプ 兼用和式 [TU-iXJH]

          閉じる

          震災時のトイレ対策の要点は何か

            マイ・トイレの対策を

            市民一人ひとりにとっては、震災時に電気や上下水道が停止した数日間、一戸建てやマンションなどの自宅での排泄行為に簡便なトイレを必要とします。その際には、「マイ・トイレ」として、簡易な災害用トイレ製品を身近に用意(保管)しておくことで、少しは助かるはずです。それは、会社でも同じです。

            震災時の公共トイレ対策を

            自治体は、避難想定により災害用トイレ製品を購入・備蓄します。震災時に避難所での市民の排泄行為のTPOに合わせて「適時適材適所の原則」で設置できるように、より具体的なトイレ対策を企画立案し実施する必要があります。

            その際に、注意するべきことがあります。それは、現在販売されている災害用トイレ製品は、少しずつ進化して扱いやすくなりましたが、使い方(製品の特色)にはそれぞれに「一長一短」があります。老若男女の体の具合や使い易さに併せて選択することになります。そして、「適時適材適所の原則」、「分散近接配置の原則」で設置することです。

            また、発災直後~復旧~復興へと進む中で避難生活の安定化に合わせて「時系列に沿ったトイレ対策」(災害用トイレ製品の選択)を行っていく必要があります。

            山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

            写真は、旭ハウス工業製 快適トイレ 洋式軽水洗 [AUG-FTJK+BC37]

            マイ・トイレの対策を

            市民一人ひとりにとっては、震災時に電気や上下水道が停止した数日間、一戸建てやマンションなどの自宅での排泄行為に簡便なトイレを必要とします。その際には、「マイ・トイレ」として、簡易な災害用トイレ製品を身近に用意(保管)しておくことで、少しは助かるはずです。それは、会社でも同じです。

            震災時の公共トイレ対策を

            自治体は、避難想定により災害用トイレ製品を購入・備蓄します。震災時に避難所での市民の排泄行為のTPOに合わせて「適時適材適所の原則」で設置できるように、より具体的なトイレ対策を企画立案し実施する必要があります。

            その際に、注意するべきことがあります。それは、現在販売されている災害用トイレ製品は、少しずつ進化して扱いやすくなりましたが、使い方(製品の特色)にはそれぞれに「一長一短」があります。老若男女の体の具合や使い易さに併せて選択することになります。そして、「適時適材適所の原則」、「分散近接配置の原則」で設置することです。

            また、発災直後~復旧~復興へと進む中で避難生活の安定化に合わせて「時系列に沿ったトイレ対策」(災害用トイレ製品の選択)を行っていく必要があります。

            山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

            写真は、旭ハウス工業製 快適トイレ 洋式軽水洗 [AUG-FTJK+BC37]

            閉じる

            災害用のトイレ用品・用具にはどのようなものがあるか

              「トイレ用品・用具」は、排泄時にトイレブース内で使用するトイレットペーパー、消臭・凝固剤などの用品類のほか、便器や床などの清掃用具があります。その多くは普段の生活で使用しているものですが、震害の程度が激しく、こうした物品が身近にないときは、類似の物品を工夫して調達しなければなりません。自分や家族、学校の友人、会社の同僚、そして災害弱者のために、最小限の排泄用品を用意しておきましょう。

              トイレ用品類

              トイレットペーパー、ペーパータオル、石鹸、消臭・凝固剤、バケツ、ポリタンク、ゴミ袋、紐、ゴミ箱、懐中電灯、スリッパなど。

              トイレ清掃用具類

              雑巾・バケツ・トイレブラシ・トイレ洗剤・古新聞など。

              山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

              写真は、日野興業製 仮設トイレ 非水洗タイプ 洋式 [GX-WKP]

              「トイレ用品・用具」は、排泄時にトイレブース内で使用するトイレットペーパー、消臭・凝固剤などの用品類のほか、便器や床などの清掃用具があります。その多くは普段の生活で使用しているものですが、震害の程度が激しく、こうした物品が身近にないときは、類似の物品を工夫して調達しなければなりません。自分や家族、学校の友人、会社の同僚、そして災害弱者のために、最小限の排泄用品を用意しておきましょう。

              トイレ用品類

              トイレットペーパー、ペーパータオル、石鹸、消臭・凝固剤、バケツ、ポリタンク、ゴミ袋、紐、ゴミ箱、懐中電灯、スリッパなど。

              トイレ清掃用具類

              雑巾・バケツ・トイレブラシ・トイレ洗剤・古新聞など。

              山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

              写真は、日野興業製 仮設トイレ 非水洗タイプ 洋式 [GX-WKP]

              閉じる

              組立式仮設トイレの起源

                昭和53年の宮城県沖地震の発生の後、大規模地震対策特別措置法(昭和53年)が制定されて東海地震対策が本格化していった。この頃、時の静岡県知事山本敬三郎(故人)が「大地震直後のトイレ対策は喫緊の課題である」として震災用備蓄物資の1つとして「災害用トイレ」の開発を提案した。これに呼応して仮設トイレメーカーの㈱木村技研が研究開発して昭和56年に「組立式仮設トイレ」第1号基が完成した。この簡易な仮設トイレは、長崎水害(昭和57年)以降、島根県の水害被災地、噴火災害被災地の三宅島、大津波被災地の奥尻島、阪神・淡路大震災などに運ばれて被災者に利用されたのである。

                山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                イクストイレ

                写真は、ハマネツ製 ポンプ式簡易水洗タイプ 洋式 (陶器便器) [TU-iXF4W]

                昭和53年の宮城県沖地震の発生の後、大規模地震対策特別措置法(昭和53年)が制定されて東海地震対策が本格化していった。この頃、時の静岡県知事山本敬三郎(故人)が「大地震直後のトイレ対策は喫緊の課題である」として震災用備蓄物資の1つとして「災害用トイレ」の開発を提案した。これに呼応して仮設トイレメーカーの㈱木村技研が研究開発して昭和56年に「組立式仮設トイレ」第1号基が完成した。この簡易な仮設トイレは、長崎水害(昭和57年)以降、島根県の水害被災地、噴火災害被災地の三宅島、大津波被災地の奥尻島、阪神・淡路大震災などに運ばれて被災者に利用されたのである。

                山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                イクストイレ

                写真は、ハマネツ製 ポンプ式簡易水洗タイプ 洋式 (陶器便器) [TU-iXF4W]

                閉じる

                災害用トイレ製品にはどのようなものがあるか

                  いざ大震災に襲われたら当座の処理や避難所での短期・長期の生活でお世話になるのが災害用トイレ製品です。

                  「災害用トイレ製品」とは、主に大震災時に断水・停電等によって既設の水洗トイレが使用不能となった際に応急的に役立つと考えられる簡単なトイレや仮設トイレなど、避難所や自宅で簡単に設営し避難者が使用することのできるトイレ製品をいいます。なお、ここでは、地下埋設型の仮設トイレを含めて解説しています。

                  我が国で市販されている災害用トイレ製品や施設は、その特徴に着目すると、次のように5種類(■印)に大別されます。さらに、阪神・淡路大震災の前後から①~④のトイレ製品施設が作られてきました。④-2のように、自治体が避難拠点のトイレに設備(震災時転用)するケースも増えています。

                  本項でご紹介する災害用トイレ製品の分類は、基本的には、自治省消防庁(当時)が平成9年3月28日にまとめた「震災時のトイレ対策-あり方とマニュアル-」において、形状、機能、処理方法などに着目分別方法に困っています。この分類によって、消防庁の関係団体である㈶日本消防設備安全センターの災害用トイレ製品・施設情報検討委員会では、詳しくトイレ製品の調査研究を行い、その結果を「災害用トイレ製品・施設情報」1号・2号として情報誌にとりまとめ、全国の自治体の利用に供しています。

                  災害用トイレの形態的分類

                  【1】簡易なトイレ

                  ①簡易なトイレ

                  簡易な箱型トイレ/組立式ルーム付き簡易型トイレ/トイレ専用薬剤(凝固剤・消臭剤)/ビニール袋(糞便袋)+トイレ専用薬剤/電気焼却式トイレ/介護用ポータブル型トイレ

                  【2】仮設トイレ

                  ②組立式仮設トイレ

                  本格的な組立式トイレ/災害弱者専用のトイレ/下水道マンホール利用型組立式トイレ/簡易な組立式トイレ

                  ③ユニット型仮設トイレ

                  コンポスト処理型(バイオ式)トイレ/水常流循環型トイレ/本格水洗型トイレ

                  【3】災害用トイレ施設

                  ④地下埋設便槽型の応急トイレ

                  大型の折りたたみ式トイレ/小型の組立式トイレ

                  ④-2 既存施設転用型トイレ

                  公衆トイレ/学校トイレなど

                  【4】車載式のトイレ

                  ⑤車載式トイレ

                  燃却式トイレカー/自己完結型トイレカー

                  【5】オストメイト対応トイレ

                  ⑥オストメイト専用トイレ

                  オストメイト専用型トイレ/オストメイト緊急時のストーマ装具

                  (注)④-2既存施設転用型トイレは、公園などの公衆トイレや学校(避難所)のトイレを震災トイレに転用できるように設備しているトイレ施設のことです。東京・大田区の田駅前の公衆トイレなどや渋谷区などの小学校のトイレのほか、東京中野区平和の森公園の転用トイレなど、数多くの設備例があります。

                  山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                  写真は、旭ハウス工業製 ペダル式洋式軽水洗便槽付 [AUG-FJ+BC37N]

                  いざ大震災に襲われたら当座の処理や避難所での短期・長期の生活でお世話になるのが災害用トイレ製品です。

                  「災害用トイレ製品」とは、主に大震災時に断水・停電等によって既設の水洗トイレが使用不能となった際に応急的に役立つと考えられる簡単なトイレや仮設トイレなど、避難所や自宅で簡単に設営し避難者が使用することのできるトイレ製品をいいます。なお、ここでは、地下埋設型の仮設トイレを含めて解説しています。

                  我が国で市販されている災害用トイレ製品や施設は、その特徴に着目すると、次のように5種類(■印)に大別されます。さらに、阪神・淡路大震災の前後から①~④のトイレ製品施設が作られてきました。④-2のように、自治体が避難拠点のトイレに設備(震災時転用)するケースも増えています。

                  本項でご紹介する災害用トイレ製品の分類は、基本的には、自治省消防庁(当時)が平成9年3月28日にまとめた「震災時のトイレ対策-あり方とマニュアル-」において、形状、機能、処理方法などに着目分別方法に困っています。この分類によって、消防庁の関係団体である㈶日本消防設備安全センターの災害用トイレ製品・施設情報検討委員会では、詳しくトイレ製品の調査研究を行い、その結果を「災害用トイレ製品・施設情報」1号・2号として情報誌にとりまとめ、全国の自治体の利用に供しています。

                  災害用トイレの形態的分類

                  【1】簡易なトイレ

                  ①簡易なトイレ

                  簡易な箱型トイレ/組立式ルーム付き簡易型トイレ/トイレ専用薬剤(凝固剤・消臭剤)/ビニール袋(糞便袋)+トイレ専用薬剤/電気焼却式トイレ/介護用ポータブル型トイレ

                  【2】仮設トイレ

                  ②組立式仮設トイレ

                  本格的な組立式トイレ/災害弱者専用のトイレ/下水道マンホール利用型組立式トイレ/簡易な組立式トイレ

                  ③ユニット型仮設トイレ

                  コンポスト処理型(バイオ式)トイレ/水常流循環型トイレ/本格水洗型トイレ

                  【3】災害用トイレ施設

                  ④地下埋設便槽型の応急トイレ

                  大型の折りたたみ式トイレ/小型の組立式トイレ

                  ④-2 既存施設転用型トイレ

                  公衆トイレ/学校トイレなど

                  【4】車載式のトイレ

                  ⑤車載式トイレ

                  燃却式トイレカー/自己完結型トイレカー

                  【5】オストメイト対応トイレ

                  ⑥オストメイト専用トイレ

                  オストメイト専用型トイレ/オストメイト緊急時のストーマ装具

                  (注)④-2既存施設転用型トイレは、公園などの公衆トイレや学校(避難所)のトイレを震災トイレに転用できるように設備しているトイレ施設のことです。東京・大田区の田駅前の公衆トイレなどや渋谷区などの小学校のトイレのほか、東京中野区平和の森公園の転用トイレなど、数多くの設備例があります。

                  山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                  写真は、旭ハウス工業製 ペダル式洋式軽水洗便槽付 [AUG-FJ+BC37N]

                  閉じる

                  平素の公共トイレ危機管理のポイントは何か⑦

                    トイレ支援ボランティアの支援業務を明確にしておく

                    トイレ支援ボランティアの業務は、災害用トイレ製品の設営、トイレ清掃、トイレ安全パトロール、トイレ広報などのほか市役所や保健所との連絡など多岐にわたります。こうした業務をあらかじめ明確にして、必要となるチラシや張り紙などの基本型をパソコンで作成しておきます。

                    マスメディアとの協力体制を作っておく

                    災害時に被災者にトイレの易しい使用方法や注意事項をアナウンスできるように、テレビ・新聞などマスメディアとの協力体制を作っておくほか、インターネットでも自治体の震災時トイレ戦略やトイレ対策の現況などを公開しておきます。

                    山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                    写真は、日野興業製 仮設便所 水洗タイプ 洗面所 [GX-LS]

                    トイレ支援ボランティアの支援業務を明確にしておく

                    トイレ支援ボランティアの業務は、災害用トイレ製品の設営、トイレ清掃、トイレ安全パトロール、トイレ広報などのほか市役所や保健所との連絡など多岐にわたります。こうした業務をあらかじめ明確にして、必要となるチラシや張り紙などの基本型をパソコンで作成しておきます。

                    マスメディアとの協力体制を作っておく

                    災害時に被災者にトイレの易しい使用方法や注意事項をアナウンスできるように、テレビ・新聞などマスメディアとの協力体制を作っておくほか、インターネットでも自治体の震災時トイレ戦略やトイレ対策の現況などを公開しておきます。

                    山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                    写真は、日野興業製 仮設便所 水洗タイプ 洗面所 [GX-LS]

                    閉じる

                    平素の公共トイレ危機管理のポイントは何か⑥

                      仮設トイレ等の備蓄数量の確認や見直しを行う

                      仮設トイレやトイレ用品等の備蓄数量や保管倉庫の設置場所や保管方法などを見直すとともに、最新の備蓄状況を住民に広報しておきます。

                      なお、化学物質が使われている災害用トイレ製品の経年変化を点検しておきます。ちなみに、年数回の防災訓練では、備蓄している災害用トイレ製品等を使用したり展示して、住民の認知度を高めておきます。

                      大震災時のための「空き地空間」を確保しておく

                      公園、駐車場、緑地帯等は大震災時の空き地空間として災害復旧活動に大変有効です。復旧資材置き場とするほか、緊急対応時のトイレ設置場所、トイレ清掃用具等の収納場所、災害用トイレ製品の保管場所などに活用できるように都市計画上の配慮をしておきます。

                      阪神・淡路大震災での反省から

                      阪神・淡路大震災の時に仮設トイレの搬入で苦労された大下昌宏課長(当時)は、「仮設トイレの仮置き場」(オープンスペース)を確保するべきだ」と指摘。「仮置き場の条件」として次の点を提案しています。

                      ①仮設トイレのスムーズな受渡しのための関係事務所から近いこと

                      ②搬入車両として10トン車が入る進入路があること

                      ③地盤が平坦で水はけがよく地盤が固いこと

                      ④ユニット式トイレも調達するので大きな面積を必要とすること

                      ⑤組立式トイレ等を収納している段ボール箱には雨露から保護するための屋根が必要となること

                      ⑥仮設トイレを管理する囲いがあること―など

                      山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                      イクストイレ

                      写真は、ハマネツ製 イクストイレ 非水洗タイプ 小便器 ※ドアなし [TU-iXS]

                      仮設トイレ等の備蓄数量の確認や見直しを行う

                      仮設トイレやトイレ用品等の備蓄数量や保管倉庫の設置場所や保管方法などを見直すとともに、最新の備蓄状況を住民に広報しておきます。

                      なお、化学物質が使われている災害用トイレ製品の経年変化を点検しておきます。ちなみに、年数回の防災訓練では、備蓄している災害用トイレ製品等を使用したり展示して、住民の認知度を高めておきます。

                      大震災時のための「空き地空間」を確保しておく

                      公園、駐車場、緑地帯等は大震災時の空き地空間として災害復旧活動に大変有効です。復旧資材置き場とするほか、緊急対応時のトイレ設置場所、トイレ清掃用具等の収納場所、災害用トイレ製品の保管場所などに活用できるように都市計画上の配慮をしておきます。

                      阪神・淡路大震災での反省から

                      阪神・淡路大震災の時に仮設トイレの搬入で苦労された大下昌宏課長(当時)は、「仮設トイレの仮置き場」(オープンスペース)を確保するべきだ」と指摘。「仮置き場の条件」として次の点を提案しています。

                      ①仮設トイレのスムーズな受渡しのための関係事務所から近いこと

                      ②搬入車両として10トン車が入る進入路があること

                      ③地盤が平坦で水はけがよく地盤が固いこと

                      ④ユニット式トイレも調達するので大きな面積を必要とすること

                      ⑤組立式トイレ等を収納している段ボール箱には雨露から保護するための屋根が必要となること

                      ⑥仮設トイレを管理する囲いがあること―など

                      山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                      イクストイレ

                      写真は、ハマネツ製 イクストイレ 非水洗タイプ 小便器 ※ドアなし [TU-iXS]

                      閉じる

                      平素の公共トイレ危機管理のポイントは何か⑤

                        備蓄している仮設トイレやトイレ製品等の記録情報を共有する

                        仮設トイレ業者等から購入し備蓄しているトイレ製品の製品名・製品番号・便槽容量・建屋の特徴等のほか、設置予定場所名・同管理者名などの記録情報のコピーを指定避難所管理者や町会・防災会役員などに配付して保有させておきます。また、撤去の時に混乱しないように、「トイレ撤去の方法」も書き添えておきます。

                        他の自治体等との相互トイレ支援体制を強化しておく

                        他の自治体との間でし尿汲取り支援協定を締結するほか、自治体相互間のトイレ支援訓練を実施します。その際、災害用トイレ製品等の輸送方法・連絡方法などを決めておきます。

                        山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                        写真は、旭ハウス工業製 洋式汲取便槽付 [AUG-F+BC37N]

                        備蓄している仮設トイレやトイレ製品等の記録情報を共有する

                        仮設トイレ業者等から購入し備蓄しているトイレ製品の製品名・製品番号・便槽容量・建屋の特徴等のほか、設置予定場所名・同管理者名などの記録情報のコピーを指定避難所管理者や町会・防災会役員などに配付して保有させておきます。また、撤去の時に混乱しないように、「トイレ撤去の方法」も書き添えておきます。

                        他の自治体等との相互トイレ支援体制を強化しておく

                        他の自治体との間でし尿汲取り支援協定を締結するほか、自治体相互間のトイレ支援訓練を実施します。その際、災害用トイレ製品等の輸送方法・連絡方法などを決めておきます。

                        山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                        写真は、旭ハウス工業製 洋式汲取便槽付 [AUG-F+BC37N]

                        閉じる

                        仮設トイレ必要数の割り出し計算方法

                          ・既設トイレブース数=A

                          ・使用予定人数(D+G=H)

                          避難者数(合計)(男性(B)+女性(C))=(B+C)=D

                          避難者数(合計)B+C×3=F(女性が多い場合にはこうした数字と考える。)

                          近隣の被災者使用予定人数=G

                          概算の使用予定人数=D+G(又は、F+G)=H

                           

                          ・全ての仮設トイレで対応すると考えた場合の仮設トイレ数=(し尿原単位×H)÷仮設トイレし尿処理(便槽容量)×収集間隔日数=J

                          〇し尿原単位:1.2L/人・日

                          屎尿収集間隔日数:屎尿収集車の台数等に基づき収集計画を立て、何日に1回収集できるかを計算する(2~3日に1回以上の収集が必要)

                          〇仮設トイレの能力(便槽容量等)は、トイレの種類、処理方式等により異なるが、概ね公称能力の70%程度とすることが必要である。

                          ・必要仮設トイレ数=全て仮設トイレ数で対応すると考えた場合の仮設トイレ数-既設ブース数

                          J-A=K(必要トイレ数)

                          山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                          写真は、旭ハウス工業製 手洗架台付 [AUG-L+15WS]

                          ・既設トイレブース数=A

                          ・使用予定人数(D+G=H)

                          避難者数(合計)(男性(B)+女性(C))=(B+C)=D

                          避難者数(合計)B+C×3=F(女性が多い場合にはこうした数字と考える。)

                          近隣の被災者使用予定人数=G

                          概算の使用予定人数=D+G(又は、F+G)=H

                           

                          ・全ての仮設トイレで対応すると考えた場合の仮設トイレ数=(し尿原単位×H)÷仮設トイレし尿処理(便槽容量)×収集間隔日数=J

                          〇し尿原単位:1.2L/人・日

                          屎尿収集間隔日数:屎尿収集車の台数等に基づき収集計画を立て、何日に1回収集できるかを計算する(2~3日に1回以上の収集が必要)

                          〇仮設トイレの能力(便槽容量等)は、トイレの種類、処理方式等により異なるが、概ね公称能力の70%程度とすることが必要である。

                          ・必要仮設トイレ数=全て仮設トイレ数で対応すると考えた場合の仮設トイレ数-既設ブース数

                          J-A=K(必要トイレ数)

                          山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                          写真は、旭ハウス工業製 手洗架台付 [AUG-L+15WS]

                          閉じる

                          平素の公共トイレ危機管理のポイントは何か④

                            災害用トイレ製品を備蓄(展示)し地下埋設型トイレを整備する

                            学校等の避難所で必要となる災害用トイレ用品等の備蓄を行います。

                            備蓄数は、避難所に集まる避難者数を想定し、災害用トイレ製品の常備保管数を算出します。なお、避難所の片隅に、地下埋設型の仮設トイレを整備しておきます。ちなみに、備蓄した全ての物品類は自治体(本庁舎や支所など)のロビー、事務室、会議室など人の目にいつも触れる場所に誰でもいつでも取り出せるように保管(展示)するべきです。

                            山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                            イクストイレ

                            写真は、ハマネツ製 ポンプ式簡易水洗タイプ 兼用和式 [TU-iXF4]

                            災害用トイレ製品を備蓄(展示)し地下埋設型トイレを整備する

                            学校等の避難所で必要となる災害用トイレ用品等の備蓄を行います。

                            備蓄数は、避難所に集まる避難者数を想定し、災害用トイレ製品の常備保管数を算出します。なお、避難所の片隅に、地下埋設型の仮設トイレを整備しておきます。ちなみに、備蓄した全ての物品類は自治体(本庁舎や支所など)のロビー、事務室、会議室など人の目にいつも触れる場所に誰でもいつでも取り出せるように保管(展示)するべきです。

                            山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                            イクストイレ

                            写真は、ハマネツ製 ポンプ式簡易水洗タイプ 兼用和式 [TU-iXF4]

                            閉じる

                            平素の公共トイレ危機管理のポイントは何か③

                              大震災時にし尿処理する方法を予測する

                              各地域の水洗化率、浄化槽の設置数、下水道設備や配管類の耐震性、し尿処理能力を予測するほか、避難所や公園などに設置する災害用仮設トイレ等の種類、避難者数、トイレ使用頻度などを予測する。

                              山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                              写真は、日野興業製 仮設トイレ ポンプ式簡易水洗タイプ 小便器 [GX-BQP]

                              大震災時にし尿処理する方法を予測する

                              各地域の水洗化率、浄化槽の設置数、下水道設備や配管類の耐震性、し尿処理能力を予測するほか、避難所や公園などに設置する災害用仮設トイレ等の種類、避難者数、トイレ使用頻度などを予測する。

                              山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                              写真は、日野興業製 仮設トイレ ポンプ式簡易水洗タイプ 小便器 [GX-BQP]

                              閉じる

                              平素の公共トイレ危機管理のポイントは何か②

                                阪神・淡路大震災からの体験から

                                阪神・淡路大震災からで仮設トイレを支援した(株)広興(当時)は、その反省から、「平素の事前の準備と対策としては、仮設トイレは、異臭の発生や衛生上の問題をクリアし非水洗式で当座バキューム車を必要としない機能・形態のもの(バイオ式仮設トイレか汚物回収型トイレ)が望ましい」と強調している。一方、「学校には緊急給水システムが必要」という立場から、「一時的であれ水洗トイレをきちんときれいに流すには、校舎の上階のトイレに用水を給水する緊急時のシステムを作っておくべきだ。何千人という避難者を学校が一挙に抱えると、仮設トイレが搬入されるまで待てない。学校を避難所として設定していくのであれば、非常用飲料水やトイレ用水等を給水するシステムを作って、一時的に自立的に対応していけるようにしておくべきだ」という提案がある。要するに、水やバキュームの入らない仮設トイレとトイレ用水を確保したトイレスポットを設備しておく必要がある。

                                山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                写真は、日野興業製 仮設トイレ 簡易水洗タイプ 洋式 [GX-WJP]

                                阪神・淡路大震災からの体験から

                                阪神・淡路大震災からで仮設トイレを支援した(株)広興(当時)は、その反省から、「平素の事前の準備と対策としては、仮設トイレは、異臭の発生や衛生上の問題をクリアし非水洗式で当座バキューム車を必要としない機能・形態のもの(バイオ式仮設トイレか汚物回収型トイレ)が望ましい」と強調している。一方、「学校には緊急給水システムが必要」という立場から、「一時的であれ水洗トイレをきちんときれいに流すには、校舎の上階のトイレに用水を給水する緊急時のシステムを作っておくべきだ。何千人という避難者を学校が一挙に抱えると、仮設トイレが搬入されるまで待てない。学校を避難所として設定していくのであれば、非常用飲料水やトイレ用水等を給水するシステムを作って、一時的に自立的に対応していけるようにしておくべきだ」という提案がある。要するに、水やバキュームの入らない仮設トイレとトイレ用水を確保したトイレスポットを設備しておく必要がある。

                                山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                写真は、日野興業製 仮設トイレ 簡易水洗タイプ 洋式 [GX-WJP]

                                閉じる

                                平素の公共トイレ危機管理のポイントは何か①

                                  トイレスポット機能を強化する

                                  公共トイレ施設管理者は、トイレスポット機能を強化するため、上下水道整備の新規計画又は改修整備の際には、マンホールや管路の埋設されている地層(埋立地、砂質、シルト土層、砂礫層など)が液状化して、隆起現象や管路亀裂を生じる恐れはないか-よく点検し、上下水道や浄化槽等の耐震化やマンホール利用型のトイレの整備などを進めます。

                                  また、学校の耐震改修に際して、地下埋設型の仮設トイレを整備するほか、公共トイレを新設またはリニューアルする際に、雨水、太陽熱・バイオ技術等を活用した自然環境活用型のトイレ設備を設けて、普段から使っておきます。

                                  ※トイレスポット機能とは

                                  大震災でライフラインが断絶したときでも、誰もが排泄に困窮しないような自立的な機能のことをいう。つまり、手洗いや排水用のトイレ用水(プールや雨水貯留など)、汚物類処理用のトイレ用品用具(紙類、箱類、掃除用具類)を自律的に供給可能な体制(備蓄品の物置)を整備し、かつ、緊急を要する排泄は既設トイレの災害時用への転用策、災害用トイレ製品の備蓄、埋設型トイレ施設の整備などを実施しじっしして 、さらにトイレ設営訓練を実施して認識を高めておくことである。

                                  山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                  写真は、旭ハウス工業製 洋式水洗架台付(壁排水) [AUG-FWR+15WS]

                                  トイレスポット機能を強化する

                                  公共トイレ施設管理者は、トイレスポット機能を強化するため、上下水道整備の新規計画又は改修整備の際には、マンホールや管路の埋設されている地層(埋立地、砂質、シルト土層、砂礫層など)が液状化して、隆起現象や管路亀裂を生じる恐れはないか-よく点検し、上下水道や浄化槽等の耐震化やマンホール利用型のトイレの整備などを進めます。

                                  また、学校の耐震改修に際して、地下埋設型の仮設トイレを整備するほか、公共トイレを新設またはリニューアルする際に、雨水、太陽熱・バイオ技術等を活用した自然環境活用型のトイレ設備を設けて、普段から使っておきます。

                                  ※トイレスポット機能とは

                                  大震災でライフラインが断絶したときでも、誰もが排泄に困窮しないような自立的な機能のことをいう。つまり、手洗いや排水用のトイレ用水(プールや雨水貯留など)、汚物類処理用のトイレ用品用具(紙類、箱類、掃除用具類)を自律的に供給可能な体制(備蓄品の物置)を整備し、かつ、緊急を要する排泄は既設トイレの災害時用への転用策、災害用トイレ製品の備蓄、埋設型トイレ施設の整備などを実施しじっしして 、さらにトイレ設営訓練を実施して認識を高めておくことである。

                                  山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                  写真は、旭ハウス工業製 洋式水洗架台付(壁排水) [AUG-FWR+15WS]

                                  閉じる

                                  緊急トイレ対応のシステムづくりはどのようにするか②

                                    震災トイレ訓練を繰り返し行う

                                    大震災時の排泄処理などトイレ生活上の安全取扱いや衛生管理などに関する現実的な認識を高めるために、各地区の地域防災訓練では、災害用仮設トイレや簡易トイレ、バケツ、スコップなどを実際に使った訓練-搬送、組立て、設営、清掃、撤去-を行います。小学校高学年や中高生を参加させると有効です。

                                    地区の市民活動グループとのトイレ連携を強化しておく

                                    避難所などでの訓練の実施を通して、地区の防災会やボランティアグループ、スポーツグループ、PTA、文化サークルなどの市民活動グループと連絡を密にしておきます。

                                    山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                    写真は、旭ハウス工業製 兼用水洗架台付(壁排水) [AUG-1WR+15WS]

                                    震災トイレ訓練を繰り返し行う

                                    大震災時の排泄処理などトイレ生活上の安全取扱いや衛生管理などに関する現実的な認識を高めるために、各地区の地域防災訓練では、災害用仮設トイレや簡易トイレ、バケツ、スコップなどを実際に使った訓練-搬送、組立て、設営、清掃、撤去-を行います。小学校高学年や中高生を参加させると有効です。

                                    地区の市民活動グループとのトイレ連携を強化しておく

                                    避難所などでの訓練の実施を通して、地区の防災会やボランティアグループ、スポーツグループ、PTA、文化サークルなどの市民活動グループと連絡を密にしておきます。

                                    山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                    写真は、旭ハウス工業製 兼用水洗架台付(壁排水) [AUG-1WR+15WS]

                                    閉じる

                                    緊急トイレ対応のシステムづくりはどのようにするか①

                                      震災時に24時間トイレ対応する体制をつくる

                                      大災害の発生時には、24時間対応型のトイレ応急体制をつくります。また、想定外の事態が発生した場合には、基本に戻って冷静に対応します。

                                      そのためにも、全庁的に「◯◯課トイレ緊急対応マニュアル」を作成しておくべきです。とりわけ大事なことは、普段、各課の職員は、「停電時・断水時に排泄場所がないときにどうするか」という問題意識に立って、住民へのトイレ応急対応の仕方を考えておく必要があります。

                                      応急トイレ対応の連絡網をつくっておく

                                      震災時に応急トイレ対応がスピーディに実行できるように、関係機関、施設、事務所等との間で通信連絡網をつくっておきます。その際、災害時トイレ支援協定を締結している自治体のほか、都道府県、消防、警察、保健所、環境整備事業共同組合、自衛隊、町の防災会などにもトイレ支援の緊急要請ができるようなシステムをつくっておきます。

                                      阪神・淡路大震災の体験

                                      阪神・淡路大震災で仮設トイレの緊急支援をした㈱広興(当時)は、「迅速かつ的確にトイレ業者が対応していくためには、緊急避難指定場所の正確な位置を表示した地図を本社・倉庫・ネットワーク拠点に常備し常に対応できる体制を作っておく必要がある」と言っています。

                                      山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                      写真は、旭ハウス工業製 ペダル式軽水洗便槽付(和式) [AUG-1J+BC37N]

                                      震災時に24時間トイレ対応する体制をつくる

                                      大災害の発生時には、24時間対応型のトイレ応急体制をつくります。また、想定外の事態が発生した場合には、基本に戻って冷静に対応します。

                                      そのためにも、全庁的に「◯◯課トイレ緊急対応マニュアル」を作成しておくべきです。とりわけ大事なことは、普段、各課の職員は、「停電時・断水時に排泄場所がないときにどうするか」という問題意識に立って、住民へのトイレ応急対応の仕方を考えておく必要があります。

                                      応急トイレ対応の連絡網をつくっておく

                                      震災時に応急トイレ対応がスピーディに実行できるように、関係機関、施設、事務所等との間で通信連絡網をつくっておきます。その際、災害時トイレ支援協定を締結している自治体のほか、都道府県、消防、警察、保健所、環境整備事業共同組合、自衛隊、町の防災会などにもトイレ支援の緊急要請ができるようなシステムをつくっておきます。

                                      阪神・淡路大震災の体験

                                      阪神・淡路大震災で仮設トイレの緊急支援をした㈱広興(当時)は、「迅速かつ的確にトイレ業者が対応していくためには、緊急避難指定場所の正確な位置を表示した地図を本社・倉庫・ネットワーク拠点に常備し常に対応できる体制を作っておく必要がある」と言っています。

                                      山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                      写真は、旭ハウス工業製 ペダル式軽水洗便槽付(和式) [AUG-1J+BC37N]

                                      閉じる

                                      震災トイレ対策を地域防災計画上明確にする④

                                        全ての公共トイレを震災対応型に改修する

                                        全ての公共施設のトイレや公園、駅前などの公衆トイレを「震災対応型の共用トイレ」として震災時に使えるように改修するとともに、公共トイレを所管する課は、その応急対応の方法を業務規程に明記して職員に周知しておくべきです。

                                        防災主管課とも協議しておく

                                        福祉施設・学校・病院などのトイレや公園・街路などの公共トイレについて、その所管課は、震災時のトイレ応急対策の実施方法を日頃から防災主管課と協議して、発災時に緊急トイレ対応する仕組みを作っておきます。

                                        山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                        写真は、旭ハウス工業製 ペダル式洋式軽水洗便槽付 [AUG-FJ+BC37N]

                                        全ての公共トイレを震災対応型に改修する

                                        全ての公共施設のトイレや公園、駅前などの公衆トイレを「震災対応型の共用トイレ」として震災時に使えるように改修するとともに、公共トイレを所管する課は、その応急対応の方法を業務規程に明記して職員に周知しておくべきです。

                                        防災主管課とも協議しておく

                                        福祉施設・学校・病院などのトイレや公園・街路などの公共トイレについて、その所管課は、震災時のトイレ応急対策の実施方法を日頃から防災主管課と協議して、発災時に緊急トイレ対応する仕組みを作っておきます。

                                        山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                        写真は、旭ハウス工業製 ペダル式洋式軽水洗便槽付 [AUG-FJ+BC37N]

                                        閉じる

                                        震災トイレ対策を地域防災計画上明確にする③

                                          トイレの応急対応マニュアルや震災トイレマップをつくる

                                          地域内の公共トイレやトイレ施設の実状を調べて、トイレの応急対応・復旧対応が一元的な指揮系統のもとで円滑に動けるよう、「◯◯市災害トイレ応急対応マニュアル」を作成しておくべきです。そのために、公共トイレの位置、トイレブース数(男・女)、周辺の状況、トイレ用水の給水場所、災害用トイレ製品の保管場所、町会・防災会の責任者の連絡先、トイレ支援協定の概略などのトイレ関連情報を図解した「震災トイレマップ」を作り、学校避難所責任者などの関係者に配付しておきます。

                                          山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                          イクストイレ

                                          写真は、ハマネツ製 イクストイレ 水洗タイプ 小便器 [TU-iXSH]

                                           

                                          トイレの応急対応マニュアルや震災トイレマップをつくる

                                          地域内の公共トイレやトイレ施設の実状を調べて、トイレの応急対応・復旧対応が一元的な指揮系統のもとで円滑に動けるよう、「◯◯市災害トイレ応急対応マニュアル」を作成しておくべきです。そのために、公共トイレの位置、トイレブース数(男・女)、周辺の状況、トイレ用水の給水場所、災害用トイレ製品の保管場所、町会・防災会の責任者の連絡先、トイレ支援協定の概略などのトイレ関連情報を図解した「震災トイレマップ」を作り、学校避難所責任者などの関係者に配付しておきます。

                                          山下亨著 近代消防新書 災害救援ガイドブック 「トイレって大事!」より引用

                                          イクストイレ

                                          写真は、ハマネツ製 イクストイレ 水洗タイプ 小便器 [TU-iXSH]

                                           

                                          閉じる